2014-12-05

エヴェレスト・チョモランマ・サガルマータ - the highest peak

ここ数週間、山の本を読んだ。Mt. Everest・チョモランマ・サガルマータに関するあれこれ。あ、あとK2もか。

そもそもの発端は、漫画版の「神々の山嶺」。
数年前に入手して何度か読み通してはいたものの、何故か急に読みたくなり。ちょうど出張と重なったこともあって、飛行機のシートベルト着用サインが消えてからの退屈な時間潰しにと漫画を機内に持ち込んだのが始まりだったと思う。ちなみに、その飛行機に乗った理由が、Juice=Juice松山と、たまたま日程が重なった松山での出張仕事だったのは我ながらラッキーでした。(確か、Boeing 737-800の機材で、機内WiFiを使ったのも羽田松山であったか。)

機内とかビジネスホテルで、漫画版を3回くらい読み返すうちに、原作というか小説版も読んでみたいなあ、と。そこでまずは集英社の文庫版を入手。
ところが、初出の単行本→文庫本の間に、ジョージ・マロリーの遺体が発見されるという事態が現実世界で起きたため、文庫本版ではラストで若干、編集の手を入れたとの旨が夢枕獏氏の後書きで知る。ちなみに、最初に読んだ漫画版とも、文庫版にはラストの描写に違いがある。そこで、初版の単行本をオークションで漁り…
(初版単行本・文庫本・漫画版のラストの違い=ネタバレについてを、そもそも書こうと思ったのだけれども、そのネタバレは次の機会にしたいと思う。いつか必ずネタバレをしますw)

次の本が、「空へ エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」ジョン・クラカワー著、梅津正彦訳。1996年、エヴェレストにおける多量遭難死の話し。

ここまで、自分の心を掴んで離さないのは、高高度における人間の限界、空気が海上ゼロメートルの半分とか1/3とかの世界、そして低い気温と雪・氷・岩の世界。
自分も元山屋なので、登山は楽しいものだと思っていた。しかし、(7,000mを超える高度における)彼等の登攀と帰還は苦痛(海抜うんメートルに生きる我々には想像もつかない!)でしかない。人間に生存本能がなければ、歩くことを辞めて凍死という選択をしまいたくなる壮絶な世界。空気の薄さと気温の低さ。私は国内での3,000mくらいでの経験しか無いけども、それですら物凄いリアリティを感じた。

更にその次に読んだ本が、「K2 嵐の夏 The Endless Knot」(クルト・ディームベルガー著、梅津正彦訳)
エヴェレストから一転、地球上高度第2位のピークであるK2。こうした紀行文というか記録を書けると言うことは、そこから生還した者だけに許されることである。

雪と氷、風吹の描写は「K2の夏」が印象的だった。低酸素の話しでは「神々の山嶺」か。こうした極限状況における人間の行動については「空へ」。フィクションとノンフィクションの違いはあれど、やはり私の心を打ったのは「神々の山嶺」だった。

今の自分が、最高峰のエヴェレストはおろか、第二位のK2、いやいや、海外の高山のピークを踏めるとは思ってはいない。だがしかし、それらのピークをせめてこの目で生で見てみたいとは強く思う。

手垢が付きすぎてあまりに有名すぎる問答がある—
「あなたは何故エヴェレストに登りたいのか?」
--- Because it is there. (マロリー)

自分が山屋として現役だった頃、私はこううそぶいた。
---そんな質問をする人がいない世界に行きたいから。(「エヴェレスト」を一般的な「山」に置き換えて、所謂「あなたは何故山に登るのか?」の質問に置き換えて。)
でも、今ならばマロリーが言ったその言葉で応えられると思う。

Because it (the Everest) is there.
Because she is there.

何故ならば、推しメンがステージにいるからだ。

2014-12-02

音楽と旅の記憶 - Spiral Lifeを聞きながら

Spiral Lifeを聞きながら久しぶりにこのblogのエントリーをタイプしている。

ここ数年来、iPhoneを持つようになったが、それに反して外で(iPhoneで)音楽を聞く習慣がすっかり無くなってしまった。ちなみに自分は初代iPodをiBookと共に買ったクチだが、iPod以前はクソでかいポータブルCDプレーヤーと、持つに許される数のCDを持って通勤や出張やに行ったものだ。

札幌に数ヶ月の期間で出張、と言うか今思えば単身赴任に近いと思うけど、ともかく札幌にアパートを借りて出張仕事をしていた頃 — 大学時代の友人と会うためにスーパー北斗に乗り函館を目指していた。その時に聞いていたCDがSpiral LifeのFLOURISHというアルバムだった。確か、グリーン車だったなあ。
札幌を出て、千歳、苫小牧に行く間に聞いた曲。GARDEN, FLOWER CHILD...車谷浩司氏のヴォーカルを聞くと、スーパー北斗のグリーン車からの車窓の風景が今でもありありと思い出される。

小樽〜余市〜積丹半島〜神威岬のバス旅行では何故か中島みゆきだった。
札幌〜釧路〜根室の根室本線の旅ではEaglesだった。

それらの旅が今でも印象深いものであったからだとは思うけど、旅とその時に聞いていた音楽は密接に結びついている。

今でも相変わらず出張は多い。さすがに数ヶ月間に渡る長期の出張は無いが。しかし、仕事上仕方のない旅とは言え、旅の途中に音楽を聞くことは全くしていない。iPhoneには数ギガの音楽は入っているし、習慣でイヤフォン等も持参はしているのだが、何故か電車やバスに乗っていても音楽を聞く気になれないのだ。
ああ、多分、今はまっている音楽がハロプロやアニソンだからなのか!

閑話休題。
Spiral Lifeらしさ、と言う意味において、車谷氏と石田氏のどちらか? うーん。どっちもらしいなあ。やっぱり二人でSpiral Lifeだったんだなあ。歌は石田氏、曲は車谷氏、ってところかも。

仕事ではなく、ハローの遠征で行ったあちこち。ハロー現場の遠征も旅には違いないけど、全然音楽聴いていないなあ。まあ、単独行ではなくて大概友人と一緒の旅であるから、ということも大きいのだけれど。

久しぶりのブログエントリーがこんな話題で申し訳ない限り。Juice=Juice金沢とか松山とか新潟とか、色々遠征ネタもあったのだが。
そういった意味での心残りとしては、ゆかにゃ(Juice=Juiceリーダー宮崎由加)凱旋の金沢の時のあれこれにおいて、サンボリックともなり得る音楽が一切無い、という一点であろう。「この曲を聞けばあの時金沢凱旋の記憶が自動的に励起する」という契機を放棄してしまったことである。

さて。
次の現場は舞美ちゃんのディナーショウか。。
矢島舞美 — 我がアルテミス。

2014-01-14

2013年の反省と2014年の展望

2013年の反省というか総括的なことは桃色回帰とかいうエントリーにしたためましたので、その後改めて感じた事などを—。
Juice=Juiceのデビューに伴って、SATOYAMA界隈、ひいて言えばスマ2期オーデの頃は全くノーチェックだった宮崎由加さんがいきなり13年4/4期以降推し急上昇して、公式一推しの萩原舞さんに肉薄することになるとは自分でも予想外でした。某nko氏から、「ぶっちゃけ今の一推しは誰なんですか?」と問われた時には、「萩原舞と宮崎由加です」と答える体たらく。それと、常々周囲のヲタ友たちに宣言していた、「推し始め・知った時点で15歳以下のアイドルは推しの対象外!」を一蹴してしまったという…。いや、これは自分でもかなり意外なのですが。
15歳以下規則に関して言えば、2012年末頃からハロプロ研修生の推し増しラッシュがあった(小川麗奈・浜浦彩乃・田口夏実・野村みな美・室田瑞希・船木結 etc...)ので、その反動かな?とも思います。

個別やらリリイベやら販促イベやら何やらの所謂接触イベントにおいて、一番面白かったのは結局J=J現場でした。℃現場ではなく。今までずっと認識を避けてきたのにもかかわらず、諸般の事情によってJ=J現場では遂に諸々認識されてしまうという事態に至ったのが要因かと思います。そういった状況の中で、やっぱり由加ちゃんだなあ、と。
諸般の事情と言っても、ヲタ友の力添えあってこそなんですけどね。


東京での生タマゴShow!の打ち上げにて、サプライズで私の生誕を祝って頂きまして、その時に突如現れたのがこのバースデーケーキ…。ン十年生きてきて最強のBDケーキでした。ありがとうヲタもだち!

握手の総回数はさておいて、2013年最後の握手は℃-ute個別のマイマイさんでした。(復活ソロライブでの梅さんはノーカウント)そして、2014年最初の接触はJ=J(リリイベ、順番的には金澤さん)でした。
そのJ=Jリリイベ@ディファ有明から少し遡って、1/2,3のハロコン@中野サンプラザに行きましたが、持っていった光り物は:ピンク単色とキンブレX 着たTシャツは:自作ゆかにゃんTと小川研修Tでした……。ここ数年は萩原Tに黄色単色+キンブレXだったのに。萩原T以外でのハロコン参戦は何年ぶりになるのか。

まあ、そんなわけで、桃色に回帰したことは周知の事実として…
娘。ワンフォーの去就も気になります。佐藤優樹ちゃんがどこまで推し戻すか? さくらちゃんで押し切るか、フクちゃんが頭角を現すか?石田?鈴木?生田?はたまた鞘師?
スマ現場にも行きたいが、自分は何色なんだ?(めいめいかタケちゃんか?


(o・ⅴ・)< !!(おっ!

vs

jjj ´_`jj< あ、トゥメィトゥさん…

2014年、そして、己れの業は深い。

2013-12-14

桃色回帰

いざbloggerの作成画面を開いたものの、出がけに玄関を出た時にこのブログのタイトルだけが思いついて、中身も勿論伴ってだけど、タイトルそのまんまと言いますか。今年もまだ現場を残しているのでまとめに入るのは尚早な感もありますが、今年の大きな流れとしては正に桃色回帰の一言に尽きると言えましょう。

わたくし、3年くらい前まではBerryz工房の嗣永桃子さん(イメージカラーはピンク)を推していた時期がありまして、それが諸々の事情により徳永さん(同オレンジ)に移り、今年の初頭からは清水(同黄色)さんに移り、何となくやっぱり黄色で落ち着いたよね、的な生活を送るつもりでした。(ちなみに所謂一推し的なものは清水さんではなく、℃-uteの萩原舞さん(同黄色)になりますので。)ともかく、桃子推しをやめた時点で、ピンクを着ることは無いな……って、一、二度愛理Tを着たことがあったわ、でもまあそれは推しとは違うので置いておいて……何となく自分は黄色だなと思っておりました。
その事情が変わったのがJuice=Juiceのデビューです。しかしJ=J界隈ではエッグ時代から宮本佳林ちゃん(J=Jでのイメージカラーは紫)を推していましたしJ=Jがデビューしても佳林ちゃん推しだなあ、と思っていました。(余談ですが、娘。では今は小田さくらさんを推していますので、娘。現場においても紫になりますね。)

あれは8月の赤坂BLITZでのイベントの時だったか、その時以来急激に宮崎由加さん(同ピンク)の存在感が大きくなっていき、9月横浜BLITZでの生タマゴSHOW!の時には宮崎さんのソロTを買っていました(同時にたぐっちの研修Tも買いましたが)。以後、10月の個別等々、J=J現場では桃色の宮崎Tを着ることになりました。
Tシャツの他、単色の光り物も新たに買い揃えたりと、数年振りに桃色の世界に戻ってきたなあ…そして、タイトルに戻ります(笑)。

今年の握手回数も宮崎さん始めJ=Jの面々が萩原さんを軽く抜き去ってしまったという…。
我ながら業の深さに反省の毎日を(以下略

2013-08-15

"ジュリン☆宮本佳林"の撮影地?

2013-07-24のブログエントリー・ジュリン☆宮本佳林|Juice=Juiceオフィシャルブログ2枚目の写真の撮影地と思わしき場所へ行ってきました。(アメブロの場合、画像への直接リンクだとreferral deniedで拒否されるので…)



カリン
狼でも場所が特定されていたりもしたけど、渡良瀬遊水池内のある橋の上。谷中湖北部のウオッチングタワーがある傍の「西谷中橋」だと思われます。
最初は中央エントランスに車を止めたので、下宮橋を訪れる。が、橋の欄干なども異なるし、川や茂みの感じも違う。ので、次に想い出橋へ。橋の名前も何となく「ほたる祭りの日」のイメージに近い気がするし…。だが、ここもダメ、ということで北エントランスから入ってウオッチングタワーの所の駐車場に車を止めたのでした。そしてすぐ脇の西谷中橋こそが佳林ちゃんを撮影した橋であると確信しました。

と言うわけで記念撮影を。

果たしてジュリンのMV撮影がここで行われたのかどうか、MV公開が楽しみです。

2013-04-16

ネット繋がりの友人が亡くなったら

これは私の経験を元に書き留めたものです。

SNSやネットのコミュニケーションツールがきっかけで友人になるということは、今では当たり前のように見られるかと思います。その場合は通常、連絡先はSNSやらメールやらあるいは例えばTwitterのアカウント名だけしかしらなかったりします。実際に何度も会って交友が深まれば、本名や電話番号などを知ることもあるでしょう。こうなってくると、知り合ったきっかけがネットというだけで、付き合い方やその性質はリアルの友人のそれと同じになってきます。
ただ、ネットがきっかけと言いますか、私がこれから書こうとしているのは、「ネットがきっかけで知り合った、ハロヲタのヲタ友」のことです。ヲタ友、つまり、趣味が同じで一緒に連むようになった友人、とでも言った方が良いのかな?なので、リアルの(例えば大学時代の)友人よりも頻度としては頻繁に会ったりすることになります。

さてそこで、そのヲタ友が亡くなったとしたら?

実際に私は5年前に一人のヲタ友を亡くしています。仮にS氏とします。
私とS氏とが知り合ったきっかけは2ちゃんねるの狼板の某スレッドでした。S氏は固定でトリップ付きで書き込みをしていましたが、私は基本的には名無しでした。一応トリップとBEは持っていましたが、S氏を煽ったりする時も基本は名無しでした。その後、スレ住人でオフ会を開き、そのオフ会で私とS氏とは初めて顔を合わせました。S氏は固定だったこともあり、「S氏がどんなやつか一目見てみたい!」という風に思っていた人は私以外にも結構いたと思います。オフ会の後、スレ以外に、mixiでの交流を経て、現場(ハロプロのコンサート)に一緒に行くようになり、連番するようになり、現場の後は飲んだり…と交友を深めていきました。ここまで来ると、携帯の電話番号やメールは交換し合っていることがほとんどでしょう。
(ちなみに、ハロプロのファンクラブチケットだと、申込者の氏名が記載されているので、自枠のチケットで相互に連番等をしているとお互いの氏名は早目に分かってしまったりします。それと、我々の場合、カジュアルディナーショーを連番で申し込んだことがあったので、住所・氏名・電話番号・年齢…等々の情報を交換していました。)
そのオフ会で知り合ってから3年後、とあるコンサートに3連番で行く予定でした。私とS氏と、同じスレ住人のもう一人共通の友人(A氏)の3人で私がチケットを申し込みました。うちらの習慣として、念のためコンサートの前日夜に集合時間と場所の確認をメールで連絡し合っていました。でも夜のうちには結局返信がなく、当日集合場所に行っても来たのはA氏だけでした。S氏は時々時間ギリギリに来ることもあったし、ここ最近は仕事が忙しかったみたいだから寝坊か?みたいな話しをしつつ、先に昼食を食べに行きます。そして飯を食べながら「寝坊してんじゃねーぞー」的なメールを送信。飯を食べ終えた頃、メールの着信がある。やっと目が覚めたか、と携帯を開くと…「○○(S氏の本名)の妹です」から始まる文面が目に飛び込んでくる。「兄は一昨日の早朝に亡くなりました。今日のコンサートも楽しみにしていたようでした。…」

2ちゃんねるの煽りコピペで「>>1の妹です。」から始まるアレをご存じの方も多いかと思いますが、とっさに私はそのコピペを想起し、「ああ、寝坊したことを言い訳してるんだな」と最初は笑って読んでいたのですが、どうも内容がおかしい。そもそもその妹さん本人の本名名乗ってるし…。
この様子を目の前で見ていたA氏は、「トマトの顔色がみるみる青ざめていくのが見えて、すごいイヤな予感がした」と言っていました。

本題はここから、ですかね。
私やS氏、A氏の関係性、我々以外にもスレ繋がりでS氏を知る者は多いが、連絡先とか覚束ない感覚…。この辺の微妙な塩梅のところを書いておきたいと思ったのでした。

とりあえず、その後私が取った行動をまとめていきたいと思います。

  • 先ずは、この現場に来てる知り合いには連絡して直接会って伝える。
  • S氏を知っていると思われる(スレ繋がり以外にも)人で、自分のアドレス帳にある人にはメールで連絡。
  • それと同時に、私は知らないけど、他にも連絡回すべき人がいたら回して欲しい旨を。

余談的な話になりますが、その当該コンサート自体には、入るべきか入らないべきか悩んだのですが、故人の供養も兼ねて、入ってやつの分まで応援してやろうぜ!的な結論に至りましたw

当日の行動(連絡)は、急な事態でパニクる中での判断だったので、とにかくなるべく拡散するようにとの思いが強かったです。その当時はまだTwitterもなく、メールとかが主な連絡手段だったのもあります。

そして、元々我々を繋いだ狼のスレッドには… 初七日を過ぎてから報告しようということでmsnメッセンジャーで合意に至りました。やはり狼は狼なので、S氏を含め現場で繋がってる連中に対して快く思ってない人もおりましたし、S氏の様な固定は叩かれてナンボなところがありますしね。
この判断に至るには、若干の迷いがありました。S氏を快く思わない者・S氏が快く思ってなかったであろう人・連絡役の私[がを]快く思わない者…
ですが、故人のことを第一に思って、私が連絡先を知っている人、が連絡先を知っている人、すなわち、友達の友達にはまずは事実を伝えたい。と思いました。好悪を問わず。

狼のスレッドには死後約一週間ほどして、私が先陣を切って報告の書き込みをしました。
多くはS氏の死を惜しむ書き込みが殆どでしたが、やはり一部にはざまー的な書き込みも散見されました。

ここで一つの決断をしました。線香を上げに行くとして、どこまで声をかけるか?です。数十人で故人宅に押しかけるのは迷惑行為ですし。最大はスレでの募集。最小は私が呼びたい人だけ。
結果、スレでの募集はしませんでした。私の携帯のアドレス帳、mixiでの呼びかけ(をしたつもりですが、してなかったかもしれません。)、に留めました。
結局それって、スレで出会って、オフ会やったり現場で会ったり…と諸々、S氏と何らかの繋がりがあった人なんですよね。今風・Twitter風に言えば、フォローとかしてるけど、それを超えて実際に会ったり話したり飲んだりした人!って感じでしょうか。そして何より、結果的にですが幹事的な役回りをすることになった「私」自身の主観にかなり左右されています。

スレでは、線香上げに行った後報告すると書き込みましたが、実はしていません。

そして5年後の今、狼のその当該スレはもう存在しません。
先日、S氏のお墓参りに行って、久しぶりにS氏のことを書き込みしたいなーと思うも、そのスレッドはもう無いんだった…。それ故、このエントリーを書いているのかもしれません。

さてさて。
少しは参考になったでしょうか。
2ちゃんねるとmixiがメインの昔と、Twitterがメインの今とでは大分状況も変わってきているかとは思います。
それと何より、私のこのケースでは故人のご家族との繋がりがあった、というのが一番大きいです。コンサートの前日から当日にかけてメールを送り、たまたまご遺族の方がそれに返信をしてくださったが故にS氏の逝去を知ることができました。これがTwitterだけだったら知らないままだった気がします。

今だったらどうでしょう。Twitterのフォロワーの○○さんが突然死したとして…そのことを誰が先ず知り得るのか。 …やはりそれを知り得る者がいたとしたら、知り得た者は最大限の努力を以て拡散するべきだと私は思います。そもそも、その死を知り得る人がいるかどうかすら危ういのですから。ですが、実際の行動として、線香を上げに行くとか墓参りに行くとかに関してはある程度の制限があっても良いと思われます。

何よりも、実際の人の生き死に対してもっと敏感でありますように。

kanatomato

2013-02-11

Polaroid POGO PIN Code

以前にPolaroid POGO インスタントモバイルプリンターを買いましたが、衝動買いに近い感じだったので殆ど使わないまま放置してありました。バッテリーの保ちが極端に悪く、満充電状態で数日放置しただけでバッテリー切れとかそんな感じで殆ど使わなかったと言う。BluetoothやらPictBridge対応なので携帯すれば楽しそうなんですけどねー。ちなみに画質については、私自身はあまり気にしていませんでした。このZink Paper独特の発色がむしろ良い感じで。
それはそれとして、また使い始めようと思い立って、MacBookProやらNEXUS 7から使おうとしたのですが、Bluetoothのペアリングをする時に入力するPINコードを失念してしまった。勿論取説の類も見あたらないし…。そんな時は、部屋を探すよりもインターネットで検索した方が圧倒的に早いだろうと言うことで、すぐに見つかりました。

PIN Codeは6000でした。

サイズ(2x3inch)的にもMoleskineに貼る用に使っていこうかなと思います。