2015-01-31

Apple Wireless Keyboardの電源が入らなくなったので自分で修理してみた

表題の通り、Apple純正のBluetoothキーボードの電源が入らなくなった。
と、言っても、Wireless KeyboardはiPadでごくたまにしか使わなくて、そのごくたまに使う機会が巡ってきたので、何の気も無しにキーボードの電源ボタンを押してみたところ、点灯するはずの緑色のインジケータが点灯しない。当然iPadからも検出されない。「ああ、しばらく使っていなかったから電池が切れたんだな」と思い、新品の電池に替えても電源が入らない。

その場は一旦キーボードを使うのを諦めて、電池を抜いた状態で数日間放置した後、再度試しても同じ状況だった。キーボードってこんなに脆弱だったっけかなあ?
ちなみに、AppleのWireless Keyboardって何気に良い値段がするんですよね。税抜きで6,800円だったか。毎日使う物であれば安いものだけど、年に数回程度しか使わない物として考えると…。だったらいっそ、もう使わなければ良いじゃん、とも考えたのだけれど(笑)やはり使いたい時にはそれなりの理由があるわけで、無ければ無いで不便なわけです。

そして今更ながら、インターネットで検索してみました(遅っ!)。
解決に至ったのはこちらのサイトになります。
Apple Wireless Keyboard にアルミホイルを入れる話

アルミホイルを噛ませるって、そんな馬鹿な!? と半信半疑でしたが、結果から言うとちゃんと使えるようになりました。
アルミホイルを噛ませる前に、電源が来ていると思われる、半田付けされている基盤のところで電圧を測ってみると、2V前後しか取れない。1.5Vの単三電池を二本直列で入れてるのに、確かにちょっと低い。試しに(電池カバーを開閉するのに使った)10円硬貨(銅製)をスプリングの間に噛ませてみたら何と、電源が入りました(笑)。でも10円玉がずれて外れると電源が落ちます。
自分は文系なので理由とか原因とか良く分からないけど、とにかくスプリングの部分に電導体を詰め込めば良いんですね? ということで、記事(記事の更にその元記事は今は404のようですが)に倣って最も手近で加工のしやすいアルミホイルを詰め込んだり成型したりしました。

そのサイトにもある通り若干の力技が必要だったりするので、「もう、一度は壊れた物として考えるし、ダメでも6,800円(税別)を払って新しく買い換えれば良いし」の気持ちで作業をしてみたらたまたま上手く行った、くらいに考えて参考にして頂ければと思います。この通りにやっても使えなかったばかりか、可能性は低いと思いますが作業者に甚大なる被害・支障・事故が生じても私(及びそのリンク先サイトの方々)は一切合切、知ったことでは無いです。分解行為になるので当然メーカーの保証も無くなりましょう。

正直なところ、基板の電圧を測っていくらなんでも電圧が低いなあと思った時に、(アルミホイルを詰め込んだ)正極よりも、負極の方の通電に問題があるのでは?と直感しました。文系脳なんて全くあてになりませんね。

ともあれ、7千円+の出費をせずに済んだのと、同様の症状に悩まされている方々の参考になれば幸甚です。

2014-12-27

MacにてNexus 7 (2012 WiFi)をsideloadで5.0.2へ

普段はMac OS・iOSがメインなのですが、Android機はNexus 7(2012 WiFi 16GB)を使っていて、1〜2泊の出張の時はMacBook等のノートではなく、Nexus 7を持って行くようになり、出張鞄もかなり軽くなりました \(^o^)/

先月あたりからAndroidのヴァージョンも5.0→5.0.1→5.0.2となったのですが、自分のNexus 7は4.4.4のまま、なかなかOTAでLollipopがやって来ない…。クリスマスプレゼントで来ると思ってたんだけどなあ。
そこで、adb sideloadでアップデートしてしまいました。基本的な方法は、
Nexusデバイスをadb sideloadで手動で強制的にAndroid 5.0 Lollipopにアップデートする方法(ブートローダーアンロック/Root化/カスタムリカバリ不要)
のサイトを参考に行けると思います。

以下、自分用メモというか追加事項。

差分ファイルは、
[REF] Nexus 7 Stock OTA URLsから。
先ずは"LRX21P from KTU84P"をあてて、再度"LRX22G from LRX21P"をあてました。4.4.4から5.0に一度アップデートしてから、更に5.0.2にアップデートする感じでしょうか。

それと自分はMacBook(OSはYosemite)を使っているので、SDK toolとして、Android Studio for Macをインストールしています。Studioのインストールにあたって、JREの6とJDKの7が必要なので、環境によってはJavaがらみのアップデート等も必要になるかも。ちなみに、Studioのインストール時に聞かれるJDKのインストール先は、
/Library/Java/JavaVirtualMachines/
でした。

adbコマンド自体は、自分の場合は
~/Library/Android/sdk/platform-tools
にありました。なので適宜、
cd ~/Library/Android/sdk/platform-tools
./adb sideload 何ちゃらかんちゃら(差分ファイル名)

とすれば良いと思います。
ダウンロードした差分ファイルはplatform-toolsフォルダ(サブディレクトリ)に置きました。

OTAで降ってくるのを待つのが安心だとは思いますが、どうしても待ちきれなくて(笑)

2014-12-05

エヴェレスト・チョモランマ・サガルマータ - the highest peak

ここ数週間、山の本を読んだ。Mt. Everest・チョモランマ・サガルマータに関するあれこれ。あ、あとK2もか。

そもそもの発端は、漫画版の「神々の山嶺」。
数年前に入手して何度か読み通してはいたものの、何故か急に読みたくなり。ちょうど出張と重なったこともあって、飛行機のシートベルト着用サインが消えてからの退屈な時間潰しにと漫画を機内に持ち込んだのが始まりだったと思う。ちなみに、その飛行機に乗った理由が、Juice=Juice松山と、たまたま日程が重なった松山での出張仕事だったのは我ながらラッキーでした。(確か、Boeing 737-800の機材で、機内WiFiを使ったのも羽田松山であったか。)

機内とかビジネスホテルで、漫画版を3回くらい読み返すうちに、原作というか小説版も読んでみたいなあ、と。そこでまずは集英社の文庫版を入手。
ところが、初出の単行本→文庫本の間に、ジョージ・マロリーの遺体が発見されるという事態が現実世界で起きたため、文庫本版ではラストで若干、編集の手を入れたとの旨が夢枕獏氏の後書きで知る。ちなみに、最初に読んだ漫画版とも、文庫版にはラストの描写に違いがある。そこで、初版の単行本をオークションで漁り…
(初版単行本・文庫本・漫画版のラストの違い=ネタバレについてを、そもそも書こうと思ったのだけれども、そのネタバレは次の機会にしたいと思う。いつか必ずネタバレをしますw)

次の本が、「空へ エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」ジョン・クラカワー著、梅津正彦訳。1996年、エヴェレストにおける多量遭難死の話し。

ここまで、自分の心を掴んで離さないのは、高高度における人間の限界、空気が海上ゼロメートルの半分とか1/3とかの世界、そして低い気温と雪・氷・岩の世界。
自分も元山屋なので、登山は楽しいものだと思っていた。しかし、(7,000mを超える高度における)彼等の登攀と帰還は苦痛(海抜うんメートルに生きる我々には想像もつかない!)でしかない。人間に生存本能がなければ、歩くことを辞めて凍死という選択をしまいたくなる壮絶な世界。空気の薄さと気温の低さ。私は国内での3,000mくらいでの経験しか無いけども、それですら物凄いリアリティを感じた。

更にその次に読んだ本が、「K2 嵐の夏 The Endless Knot」(クルト・ディームベルガー著、梅津正彦訳)
エヴェレストから一転、地球上高度第2位のピークであるK2。こうした紀行文というか記録を書けると言うことは、そこから生還した者だけに許されることである。

雪と氷、風吹の描写は「K2の夏」が印象的だった。低酸素の話しでは「神々の山嶺」か。こうした極限状況における人間の行動については「空へ」。フィクションとノンフィクションの違いはあれど、やはり私の心を打ったのは「神々の山嶺」だった。

今の自分が、最高峰のエヴェレストはおろか、第二位のK2、いやいや、海外の高山のピークを踏めるとは思ってはいない。だがしかし、それらのピークをせめてこの目で生で見てみたいとは強く思う。

手垢が付きすぎてあまりに有名すぎる問答がある—
「あなたは何故エヴェレストに登りたいのか?」
--- Because it is there. (マロリー)

自分が山屋として現役だった頃、私はこううそぶいた。
---そんな質問をする人がいない世界に行きたいから。(「エヴェレスト」を一般的な「山」に置き換えて、所謂「あなたは何故山に登るのか?」の質問に置き換えて。)
でも、今ならばマロリーが言ったその言葉で応えられると思う。

Because it (the Everest) is there.
Because she is there.

何故ならば、推しメンがステージにいるからだ。

2014-12-02

音楽と旅の記憶 - Spiral Lifeを聞きながら

Spiral Lifeを聞きながら久しぶりにこのblogのエントリーをタイプしている。

ここ数年来、iPhoneを持つようになったが、それに反して外で(iPhoneで)音楽を聞く習慣がすっかり無くなってしまった。ちなみに自分は初代iPodをiBookと共に買ったクチだが、iPod以前はクソでかいポータブルCDプレーヤーと、持つに許される数のCDを持って通勤や出張やに行ったものだ。

札幌に数ヶ月の期間で出張、と言うか今思えば単身赴任に近いと思うけど、ともかく札幌にアパートを借りて出張仕事をしていた頃 — 大学時代の友人と会うためにスーパー北斗に乗り函館を目指していた。その時に聞いていたCDがSpiral LifeのFLOURISHというアルバムだった。確か、グリーン車だったなあ。
札幌を出て、千歳、苫小牧に行く間に聞いた曲。GARDEN, FLOWER CHILD...車谷浩司氏のヴォーカルを聞くと、スーパー北斗のグリーン車からの車窓の風景が今でもありありと思い出される。

小樽〜余市〜積丹半島〜神威岬のバス旅行では何故か中島みゆきだった。
札幌〜釧路〜根室の根室本線の旅ではEaglesだった。

それらの旅が今でも印象深いものであったからだとは思うけど、旅とその時に聞いていた音楽は密接に結びついている。

今でも相変わらず出張は多い。さすがに数ヶ月間に渡る長期の出張は無いが。しかし、仕事上仕方のない旅とは言え、旅の途中に音楽を聞くことは全くしていない。iPhoneには数ギガの音楽は入っているし、習慣でイヤフォン等も持参はしているのだが、何故か電車やバスに乗っていても音楽を聞く気になれないのだ。
ああ、多分、今はまっている音楽がハロプロやアニソンだからなのか!

閑話休題。
Spiral Lifeらしさ、と言う意味において、車谷氏と石田氏のどちらか? うーん。どっちもらしいなあ。やっぱり二人でSpiral Lifeだったんだなあ。歌は石田氏、曲は車谷氏、ってところかも。

仕事ではなく、ハローの遠征で行ったあちこち。ハロー現場の遠征も旅には違いないけど、全然音楽聴いていないなあ。まあ、単独行ではなくて大概友人と一緒の旅であるから、ということも大きいのだけれど。

久しぶりのブログエントリーがこんな話題で申し訳ない限り。Juice=Juice金沢とか松山とか新潟とか、色々遠征ネタもあったのだが。
そういった意味での心残りとしては、ゆかにゃ(Juice=Juiceリーダー宮崎由加)凱旋の金沢の時のあれこれにおいて、サンボリックともなり得る音楽が一切無い、という一点であろう。「この曲を聞けばあの時金沢凱旋の記憶が自動的に励起する」という契機を放棄してしまったことである。

さて。
次の現場は舞美ちゃんのディナーショウか。。
矢島舞美 — 我がアルテミス。

2014-01-14

2013年の反省と2014年の展望

2013年の反省というか総括的なことは桃色回帰とかいうエントリーにしたためましたので、その後改めて感じた事などを—。
Juice=Juiceのデビューに伴って、SATOYAMA界隈、ひいて言えばスマ2期オーデの頃は全くノーチェックだった宮崎由加さんがいきなり13年4/4期以降推し急上昇して、公式一推しの萩原舞さんに肉薄することになるとは自分でも予想外でした。某nko氏から、「ぶっちゃけ今の一推しは誰なんですか?」と問われた時には、「萩原舞と宮崎由加です」と答える体たらく。それと、常々周囲のヲタ友たちに宣言していた、「推し始め・知った時点で15歳以下のアイドルは推しの対象外!」を一蹴してしまったという…。いや、これは自分でもかなり意外なのですが。
15歳以下規則に関して言えば、2012年末頃からハロプロ研修生の推し増しラッシュがあった(小川麗奈・浜浦彩乃・田口夏実・野村みな美・室田瑞希・船木結 etc...)ので、その反動かな?とも思います。

個別やらリリイベやら販促イベやら何やらの所謂接触イベントにおいて、一番面白かったのは結局J=J現場でした。℃現場ではなく。今までずっと認識を避けてきたのにもかかわらず、諸般の事情によってJ=J現場では遂に諸々認識されてしまうという事態に至ったのが要因かと思います。そういった状況の中で、やっぱり由加ちゃんだなあ、と。
諸般の事情と言っても、ヲタ友の力添えあってこそなんですけどね。


東京での生タマゴShow!の打ち上げにて、サプライズで私の生誕を祝って頂きまして、その時に突如現れたのがこのバースデーケーキ…。ン十年生きてきて最強のBDケーキでした。ありがとうヲタもだち!

握手の総回数はさておいて、2013年最後の握手は℃-ute個別のマイマイさんでした。(復活ソロライブでの梅さんはノーカウント)そして、2014年最初の接触はJ=J(リリイベ、順番的には金澤さん)でした。
そのJ=Jリリイベ@ディファ有明から少し遡って、1/2,3のハロコン@中野サンプラザに行きましたが、持っていった光り物は:ピンク単色とキンブレX 着たTシャツは:自作ゆかにゃんTと小川研修Tでした……。ここ数年は萩原Tに黄色単色+キンブレXだったのに。萩原T以外でのハロコン参戦は何年ぶりになるのか。

まあ、そんなわけで、桃色に回帰したことは周知の事実として…
娘。ワンフォーの去就も気になります。佐藤優樹ちゃんがどこまで推し戻すか? さくらちゃんで押し切るか、フクちゃんが頭角を現すか?石田?鈴木?生田?はたまた鞘師?
スマ現場にも行きたいが、自分は何色なんだ?(めいめいかタケちゃんか?


(o・ⅴ・)< !!(おっ!

vs

jjj ´_`jj< あ、トゥメィトゥさん…

2014年、そして、己れの業は深い。

2013-12-14

桃色回帰

いざbloggerの作成画面を開いたものの、出がけに玄関を出た時にこのブログのタイトルだけが思いついて、中身も勿論伴ってだけど、タイトルそのまんまと言いますか。今年もまだ現場を残しているのでまとめに入るのは尚早な感もありますが、今年の大きな流れとしては正に桃色回帰の一言に尽きると言えましょう。

わたくし、3年くらい前まではBerryz工房の嗣永桃子さん(イメージカラーはピンク)を推していた時期がありまして、それが諸々の事情により徳永さん(同オレンジ)に移り、今年の初頭からは清水(同黄色)さんに移り、何となくやっぱり黄色で落ち着いたよね、的な生活を送るつもりでした。(ちなみに所謂一推し的なものは清水さんではなく、℃-uteの萩原舞さん(同黄色)になりますので。)ともかく、桃子推しをやめた時点で、ピンクを着ることは無いな……って、一、二度愛理Tを着たことがあったわ、でもまあそれは推しとは違うので置いておいて……何となく自分は黄色だなと思っておりました。
その事情が変わったのがJuice=Juiceのデビューです。しかしJ=J界隈ではエッグ時代から宮本佳林ちゃん(J=Jでのイメージカラーは紫)を推していましたしJ=Jがデビューしても佳林ちゃん推しだなあ、と思っていました。(余談ですが、娘。では今は小田さくらさんを推していますので、娘。現場においても紫になりますね。)

あれは8月の赤坂BLITZでのイベントの時だったか、その時以来急激に宮崎由加さん(同ピンク)の存在感が大きくなっていき、9月横浜BLITZでの生タマゴSHOW!の時には宮崎さんのソロTを買っていました(同時にたぐっちの研修Tも買いましたが)。以後、10月の個別等々、J=J現場では桃色の宮崎Tを着ることになりました。
Tシャツの他、単色の光り物も新たに買い揃えたりと、数年振りに桃色の世界に戻ってきたなあ…そして、タイトルに戻ります(笑)。

今年の握手回数も宮崎さん始めJ=Jの面々が萩原さんを軽く抜き去ってしまったという…。
我ながら業の深さに反省の毎日を(以下略

2013-08-15

"ジュリン☆宮本佳林"の撮影地?

2013-07-24のブログエントリー・ジュリン☆宮本佳林|Juice=Juiceオフィシャルブログ2枚目の写真の撮影地と思わしき場所へ行ってきました。(アメブロの場合、画像への直接リンクだとreferral deniedで拒否されるので…)



カリン
狼でも場所が特定されていたりもしたけど、渡良瀬遊水池内のある橋の上。谷中湖北部のウオッチングタワーがある傍の「西谷中橋」だと思われます。
最初は中央エントランスに車を止めたので、下宮橋を訪れる。が、橋の欄干なども異なるし、川や茂みの感じも違う。ので、次に想い出橋へ。橋の名前も何となく「ほたる祭りの日」のイメージに近い気がするし…。だが、ここもダメ、ということで北エントランスから入ってウオッチングタワーの所の駐車場に車を止めたのでした。そしてすぐ脇の西谷中橋こそが佳林ちゃんを撮影した橋であると確信しました。

と言うわけで記念撮影を。

果たしてジュリンのMV撮影がここで行われたのかどうか、MV公開が楽しみです。